【2020年版】知らなきゃ損!飲食店が導入すべきおすすめツールたち!

これからの時代、飲食店もITツールを駆使することが必至です。

では、飲食店がITツールを使いこなすことでどんなメリットがあるのでしょうか?
オーナー側のメリットを挙げてみましょう。

  1. 効率的、かつ魅力的な集客ができる
  2. スタッフの育成強化につながる
  3. コストの削減
  4. 宣伝効果がわかりやすい
  5. 売り上げアップ
  6. 経営・組織の管理が楽になる
  7. ITツールを使った集客は資産になる

①効率的、かつ魅力的な集客ができる

TwitterやinstagramなどのSNSを駆使することで、効率的に、よりターゲットに届く集客を行うことができます。

②スタッフの育成強化につながる

ITツールを駆使することで、マニュアルの共有や人材育成も楽々行うことができます。また、スタッフのITリテラシー強化にもつながります。

③コストの削減

色々なシステムを導入することで、顧客の動向なども分析できるようになります。結果的に人件費や広告費の削減になります。

とぅるもち
IT化はオーナーの心強い味方になります!オーナーだけじゃなくて、そこで働くスタッフにもメリットがたくさんあるよ!

この記事では、飲食店のつよ〜い味方になるITツールを紹介します!

飲食店が導入すべきセキュリティ

1password

面倒でもやっておかないといけないのは、パスワードの徹底的な管理です。
これを怠っていると、従業員や顧客の個人情報が外部に漏れてしまう恐れがあります。

1Passwordとは、ログインID、パスワードなど、ネット上で入力する必要がある情報を記録しておけるアプリです。クレジットカード情報や銀行口座の情報も管理することができます。アプリ版もあるよ!

特に便利なのが、パスワードなど、ログインするときに必要な情報を自動入力してくれるところです。
例えば、楽天で買い物をするとき、メールアドレスとパスワードを入力してログインしてから購入に至りますが、メールアドレスとパスワードをいちいち入力するのは面倒です。そんなときにこの1passwordが大活躍!

Webサイトで会員登録するときも、強力なパスワードを自動で生成してくれるので超便利!

あなたや従業員の個人情報を守るという意味で、1Passwordのようなパスワード管理アプリは絶対に必要です。

とぅるもち

スタッフや、学生にネットリテラシーを付けさせるという意味でも役に立ちます。

1passwordの導入方法については下記のサイトを参考にしてください!

飲食店が導入すべき勤怠管理ツール

Airシフト

Airシフトはシフト作成ツールです。
店舗拡大でシフト管理者が増えても楽々共有できます。アプリでシフトを提出できるので、PCを使わないスタッフがいても大丈夫!

シフト締め切りが近づくとリマインドしてくれるので、シフト管理者がスタッフへ「シフト出して!」と催促するも必要ないんです…!

一人ひとりの希望を転記して整理する必要がなく、自動で一覧化してくれます。各従業員の希望を見ながら「う〜〜〜ん」と首をひねる時間が削減されます。

飲食店が導入すべきメールツール

Gmail

みんなお馴染みGoogleさんのサービスGmail。PC、スマホどちらでも使いやすいアーカイブ・タグでメールを保存できるので、重要なメールも見逃しません。自動転送機能で、取引先とのメールを従業員に転送することができます。

飲食店が導入すべきコミュニケーションツール

Slack

Slackは、一言で言うなら「いろんなことができるチャットツール」

チャットだけでなく、リマインダー情報収集に使えるのがSlackの良い点ですが、組織内のことを全てSlackに集約できるのが一番便利だと思っています。

過去のメッセージ検索も簡単だし、タスク管理やスタッフのカレンダー共有も簡単にできちゃう!

トピックごとにチャンネルを作成できるので、同じ相手との会話でも話題があっちへ行ったりこっちへ行ったり‥なんてことがありません!

とぅるもち
個人的にオリジナル絵文字を量産できるのが気に入っています。スタッフ一人ひとりの絵文字を作ると楽しそうだよね。

Slackの飲食店導入のメリットについて、詳しくはこちらの記事を参照してください。

飲食店が導入すべき集客ツール

LINE@

多くの人がLINEを利用しているため、お客様に一斉にメッセージを送信できるのは大きなメリットです。

LINE@では、主に

  • 一斉送信メッセージ
  • 1対1でのトーク
  • アカウントページ(店舗の専用ページ)
  • タイムラインの投稿
  • PRページ(商品や店舗のアピール、クーポン配布などをすることができるページ)
  • リサーチページ(ユーザーに対して投票やアンケートを取ることのできるページ)
  • LINEグルメ予約
  • LINEショップカード

を利用することができます。

お店側で「お客様に来店してほしいときに、情報を流せる」のが大きなメリットです。

参考サイト

集客にLINEを活用すべき理由丨企業・店舗向けLINE公式アカウント活用法
https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190418-2/

「LINE@とdodo point連携サービス」で再来店率が2.4倍に!ハワイアンレストラン「Eggs ‘n Things」の活用事例
http://blog-at.line.me/archives/52244899.html

クーポン開封率20%!地域密着で常連客を大切にするパン屋さんのLINE@活用方法とは
http://blog-at.line.me/archives/49846029.html

飲食店が導入すべきアクセス解析ツール

Google Analytics

サイト利用者のアクセス情報が24時間取得され、集めたデータはGoogleアナリティクスの管理画面から「レポート」として見ることができます。どんな人が、どういった目的でサイトに来たのかなどを調べることができます。

  • どうやってサイトに到着したのか(検索エンジンか、どこかのサイトのリンクからか)
  • 年齢層
  • 男女比
  • 訪問が多い時間帯
  • どのページの閲覧数が多いのか

など、こちらが知りたい情報を絞って調べることができるので、今後「どのSNSでアプローチしていこう…」「どんなキャンペーンを行えば顧客に刺さるのか…」と迷った時などに力になってくれます。

Google Analyticsについては、こちらのサイトがわかりやすいです。

図解】初めてのGoogleアナリティクス導入&設定と使い方
https://www.yamatofinancial.jp/learning/know-how/googleanlytics-setting-startup.html

役立つ書籍

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

WEBマーケティング初心者にオススメの本!

WEBサイトを作ったのち、どう運営していけばいいのか、
どのように広報していくか、WEBデザインはどんな力を発揮するか…など初歩的な内容から。
Googleウェブマスターツールの活用術、
Twitter、Facebookなどソーシャルメディアの効果的な運用法、
コンテンツマーケティングの極意など、
Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄を、イラストを交えてわかりやすく説明してくれます。超読みやすいので本当にオススメ。

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260 Googleタグマネージャ/オプティマイズ/データスタジオ対応 (できる逆引きシリーズ) 

Google Analyticsは慣れるまでが大変です。この本は、ツールを使いこなす上での疑問点を解決してくれます。今でもお世話になっている本。

飲食店が導入すべきツールについてまとめ

IT化は数万円からでもできます。数万円の投資で、人件費が数十万円以上節約できる可能性があるので、ぜひ一度、ITツールの導入を検討してみてくださいね。