性交痛に悩むカップル必見!オススメ潤滑ゼリー9選

性交痛にはローションではなく、ルブリカント(潤滑ゼリー)を。

性交痛のある人に勧めたい、ルブリカント(潤滑ゼリー)。ローションと混同しがちですが、このふたつには決定的な違いがあります。

ラブホテルや、バラエティ番組でよく見かけるローション。これは相手との肌と肌の触れ合いにおいて使うもので、いわば「全身用」。主成分の「ポリアクリル酸Na」は、水分を吸収することで粘度のある液体となります。

一方、ルブリカント(潤滑ゼリー)は、挿入時の摩擦や濡れ不足のサポートをするもので、粘膜に塗っていい「粘膜用」です。「グリセリン」「メチルパラベン(防腐剤)」を含んでいるものが多く、これらは化粧品にもよく使用されている成分です。

この違いを知らず、性交痛緩和のためにローションを局部に塗って本番をしてしまうカップルがいますが、絶対に避けましょう。

ローションに含まれる「ポリアクリル酸Na」が膣内の水分を吸収してしまい、性交痛が酷くなる場合があります。ペペローションなどはとても有名ですし、ラブホテルの浴室内にもよく置いてあるのですが、くれぐれも膣内には使わないようにしてください。

本記事では性交痛がある方に、オススメのルブリカント10選をまとめました。性交痛がある方にはもちろん、性交痛のあるパートナーがいる方などにお役に立てれば幸いです。

性交痛のほとんどは、挿入時の膣内の「うるおい不足」が原因といわれています。「うるおい不足」の原因には「ストレス、緊張」「前戯が不十分」「出産」「更年期」「動脈硬化」「婦人科の病気」…
など様々な原因が挙げられます。うるおい不足の解消法には「潤滑ゼリーの使用」の他に「ホルモン補充療法」、「漢方療法」などがあります。この記事では、うるおい不足の解消法のひとつとして「潤滑ゼリー」を紹介していきますが、すぐ悩みが解決するとは限りません。
一人で悩まず、パートナーと相談しながら、解決の糸口を見つけられたらと思います。

とぅるもち

化粧品と同じように、潤滑ゼリーにも相性があります。いろんなタイプのものを試して、自分にあったものを見つけましょう!

性交痛に悩むカップルにオススメの潤滑ゼリー

食べてもOK!オーラルに最適潤滑ゼリー(ルブリカント)

この商品は「食品」扱いで、なんと舐めても大丈夫!潤滑ゼリー(ルブリカント)の「あの味1苦手だよね〜」という声が多く寄せられ開発されたそうです。甘くて香ばしい香り。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)は還元水飴・メープルシロップが主成分となっており水溶性です。メープルシロップは、ホットケーキにかけて使用する方も多いかと思います。

体液と混ざっても変わった味にならないよう工夫されているため、オーラルセックスが苦手なカップルにおすすめ。セックス中に使用するとベタつきがあるため、あくまでオーラルセックスにとどめておくのがいいかと思います。

普通のカップルにはもちろん「セックスがマンネリ」「相手のを舐めるのが苦手」という方にすごくおすすめの商品。肌が弱い人にもすすめやすいですし、見た目もとっても可愛いです。

食べて美味しいローション!?「ラブシロップ(メープル&ナッツ)」【ローションレビュー】

薬局で買える!初心者におすすめなウォーターベースルブリカント

ルブリカント(潤滑ゼリー)は一体どこで買えるの?実は薬局にも置いてあるんです。それがこちら、リューブゼリーです。

製造元のジェクス株式会社さんは、蝶々のデザインで有名なコンドーム「グラマラスバタフライ」や、巷で話題のゴム感が消えるコンドーム「ZONE」などでみなさんおなじみかと思います。

こちらは水由来のルブリカント(潤滑ゼリー)。成分のほとんどが水で占められています。プルプルとした質感がローションとは全く違います。リューブゼリーはいろんな大きさ・形があるのですが、膣にチューっと注入できる、小ぶりなチューブタイプが手を汚さずに済むのでおすすめです。

成分や品質検査は医療機器と同レベルで管理されているとのことで、産院など病院でも取り扱いされているとのことです。ルブリカント(潤滑ゼリー)の中にはコンドームを劣化させるものがありますが、リューブゼリーはコンドームと併用しても問題ありません。

初めてルブリカントを使う方にはぜひともおすすめしたいです。

塗ったときのヒヤッと感を回避!リラックスして楽しめる温感タイプ

先ほど紹介させていただいたジェクスさんの「リューブゼリー」温感バージョンです。ルブリカントを使うときに気になるのが、ゼリー特有のヒヤッとした冷たさかと思います。それを解決してくれるのがコレ!

冷たいと体が緊張状態になってしまいますが、温感タイプの物を使用することでリラックスして前戯を楽しむことができますリラックスすることは性交痛をなくすためには最も大事なことなので、寒い冬の時期などはなるべく体が「冷たい!」と感じないような工夫をするといいでしょう。

コンドームと併用もできますし、いろんなシーンで活躍してくれます。

性交痛にはいろんなルブリカントを試すべし!シリコンベースは強い味方!

水溶性ルブリカントを使用しても性交痛が改善しない方には、一度シリコンベースのルブリカント(潤滑ゼリー)を試してみてほしいです。濡れにくく痛みをかんじている人、長時間のセックスに耐えられる乾きにくいルブリカントを探している、という人ならこれ!

シリコンベースなので粒子が大きく、テクスチャーがサラサラとしています。皮膚をしっかりコーティングし、強い摩擦にも耐えられるため、アナルセックスにも向いています。

滑りやすいため、しっかり押さえつけないとコンドームがツルリと抜けてしまうことも。コンドームが外れないように、男性器の根元にリングを装着することで安全で気持ちのいい本番を迎えられると思います。

グリセリン・パラベンを使用している水溶性ルブリカント(潤滑ゼリー)が肌に合わなかった方には、シリコンベースの方が相性がいい場合があります。

シリコン製のラブグッズには直接付着させないでください。シリコンローションに含まれる、シリコンを固めない成分がラブグッズを溶かしたり、においを発生させてしまったりすることがあります。

カード型でスマートに持ち歩ける!オーガニックルブリカント

オーガニック ジェリーローション ソフト
created by Rinker

(2020/02/09現在 どこも在庫がないようです><)

ルブリカント(潤滑ゼリー)はチューブ型だと重さがあり、常日頃持ち運ぶことができません。急なお泊りなとき「コンドームは持っていたけどルブリカント(潤滑ゼリー)は持っていなかった!」そんな方におすすめしたいのがこれ!

カード型のパッケージで、ふたつに折ることで開封できます。給食に出てくるマスタードとケチャップが一体型となった容器を連想させられます。財布やバッグの中にもしまいやすいデザインなので、携帯用として持ち運ぶ際におすすめなルブリカント(潤滑ゼリー)として激推ししています。

パッケージもパッと見何かわからないほどおしゃれですよね。100パーセント天然由来成分でできているため、体に優しく、口に入っても問題ありません

ルブリカント(潤滑ゼリー)をパートナーに提案するのが恥ずかしい方は「サンプルでこんなのもらったから使ってみない?」の魔法の言葉を使ってみてください。

デリケートゾーンの匂いが気になる方へ。万能型ルブリカント

デリケートゾーンケア商品は、令和時代以降、さらにヒットすること間違いなし!女性が常に持ち歩くエチケット商品になるでしょう。ですが、パートナーに気付かれるのが恥ずかしいという方もいると思います。そんな方にはこれ!

同じhanamisuiの「インクリア」は膣洗浄器と謳っていますが、こちらのウェットトラストシリーズは膣内の環境を整えるだけでなく、ルブリカント(潤滑ゼリー)として摩擦からくる性交痛を和らげる役割も果たしてくれるため、万能型ルブリカントと呼んでいます。

簡単ワンプッシュ設計でスムーズに膣内に挿入でき、使い切りタイプのため非常に衛生的!メイクポーチなどにもしまえるので、普段から携帯していればいざという時に大活躍します。

ストレスがたまりやすく、デリケートゾーンのトラブルにいつも悩まされている方はぜひ使ってみてください。

性交痛に別角度から切り込む!体にやさしいフレーバールブリカント

世界で最も人気といわれている、アメリカのルブリカント(潤滑ゼリー)ブランドIDLUBE。その中のシリーズの一つ「フルトピア」を紹介いたします。

「フルトピア」シリーズは全部で6種類人工着色料、人工香料、砂糖やパラベンを使用していないため体にやさしいです。舐めてみると自然な甘さでくどくない!本物のフルーツを舐めているみたいなのも特徴。みずみずしいフルーツ柄のボトルで見た目も可愛い♡


無色透明で衣類にシミがつきにくいのも嬉しいポイントです。もし付着した場合はタオルやぬるま湯で拭き取ってください。

フレーバータイプのルブリカントところは、女性が濡れるために必要な「安心感」引き出すための前戯を長く行う手助けをしてくれること。
オーラルセックスをお互い心から楽しむことで、リラックスモードに突入することができます。人はリラックスすると副交感神経が優位になり、女性の場合濡れやすくなるんだとか。

スイカフレーバーは、私主催の「#ローションタッチアップ会」で最も人気のあったフレーバーです。そのほかにも、イチゴ・マンゴー・ラズベリー・バナナ・チェリーなどといったバリエーションがあるのでお好きな味を探してみてください。

↓フレーバー全種類はこちら!↓

お互いに楽しめてリラックス効果UPのルブリカント

「濡れる」ためのリラックス効果を与えてくれるルブリカントはこちら!これまで体に安心で安全なルブリカントを紹介してきましたが、こちらはその基準を満たすだけでなく、予想外のサプライズが…!?

私主催の「#ローションタッチアップ会」では一番人気で、誰もが「うわっ」「すごい!」「どうなってるの!?」と声をあげるほどの一品


肌になじませ、息を吹きかけられることで熱を持ち、肌がブワッと熱くなるルブリカントです。息を吹きかけてパートナーの反応を楽しんだり、舐めたり…自由に前戯を楽しむなら断然これ!

舐められている方も気持ちがいいのですが、舐めてる側も止まらなくなるくらい楽しいです♡このセックスオンザビーチは美味で、オーラルセックスが苦じゃなくなります

デリケートゾーンを舐められることに抵抗があり緊張してしまう方は、パートナーにフレーバータイプのルブリカントを提案してみましょう。お互いが楽しめれば、リラックスできて性交痛が改善する場合もあります。

パッケージも工夫が凝らされていて、暗闇でもポンプが光る仕様になっておりムードも壊れにくいです。ぜひお試しあれ♪

圧倒的保湿力で粘膜を乾燥から守る!オイルルブリカント

「肌に優しいものを選びたい!」という初心者さんはぜひこちらを。イギリスの病院や薬局でも取り扱いがあり、信頼できるブランドです。

パッケージがシンプルで美しく、お部屋に置いていても違和感が全くありません。イギリスで支持される保湿力の高い自然由来のオイルをベースとして使用し、デリケートゾーンと同じpHバランスを意識して作られています

イギリスのオーガニック認証機関SOIL ASSOCIATION2から認定を受けています。肌・粘膜への刺激があるものは使用していません。無香料で、グリセリン、パラベン、などアレルギーを引き起こす可能性が少しでもあるものも一切含まれていません。

舐めた感じはちょっとしょっぱくて、草っぽい香りがします。水みたいにサラサラなテクスチャーですが、しっかり滑ります。乾いた後も不快感はまったくありません!


性交痛の原因が乾燥からくるとわかっている方にぜひおすすめしたいルブリカントです。膣萎縮に悩んでいる方にもおすすめしたい。ボディの保湿用としても大活躍!ただ、オイルはコンドームを痛めてしまうため併用ができません。お気をつけください。

性交痛に悩むカップルにオススメの潤滑ゼリーまとめ

ここまで色々なルブリカントを紹介させていただきましたが、ルブリカントだけでもいろんな種類があり、シチュエーションによって使い分けられるようになっています。

潤滑ゼリー(ルブリカント)の種類

・ウォーターベース:
使用後の洗い流しが不要。さらさらしており、肌になじみやすい。時間が経つと乾いてくるので、長時間の使用には不向き。

・シリコンベース:
ウォーターベースより乾きにくく、長時間の使用も可能。デリケートゾーンを触られると痛みを感じるという方におすすめ。シリコン製のバイブなどと一緒に使うとグッズが溶け出す可能性があるので、併用する際は注意

・オイルベース:
よりいい滑り、ヌルヌル感を味わいたい方に。長時間使用でき、普段とは違う感覚を楽しめます。コンドームを傷める可能性があるので、併用しないよう注意。

ローションとルブリカントの違いがまだまだ浸透していない中で、さらにこれだけの情報を世の中に広めるのは難しいことです。

ですが、セクシャルウェルネスの知識を持っていることは私たちにとって最重要です。ルブリカントを使いこなし、まわりにも推しリューブを広めていきませんか?

  1. 甘苦い
  2. 「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という基本理念のもと、1946年に設立。EU規則やその他の国内基準と比較しても、より条件の厳しい基準を設けるとともに、オーガニックの普及にも大きく貢献している。