【ラブライフカウンセラー®︎養成講座2020】受講レポート!

こんにちは!とぅるもちです。

このたび、以前受講した『ラブライフカウンセリング入門講座-ZOOM-』を経て、よりセックスカウンセリングについて深く学びたいという思いから、養成講座の中級コースを受講してきました!

ラブライフカウンセラー®︎とは

性の悩みに特化したカウンセラー。
認知行動療法にもとづき、実践的なテクニックやコミュニケーションのアドバイスを相談者一人ひとりに合わせて行います。

【ラブライフカウンセリング入門講座2020】受講レポート!

受講したきっかけ

前回の記事ではセクシュアル・ウェルネスの課題について真剣に取り組んでいきたいという思いから講座を受講したということを書きましたが、今回も理由は同じです。


養成講座ではロールプレイング演習もあり、より実践に近い状態でテクニック・トレーニング指導などを学べるので前回得た知識をより自分の力にできると考えました。

また、潤滑剤(リューブ)の分野で起業したいということで現在新ブランドを立ち上げ中なのですが「他のブランドにはなくてうちのブランドにはある強みとしてどんなことをアピールしていけばいいんだろう…」と考えたときに、私自身がより性について悩んでいる人の力になれるようになることが何よりの強みになるだろうと思ったことも、養成講座を受けるきっかけにつながりました。

講師陣

画像引用:http://olivia-catmint.com/lectures/love-life-counseling-basic2020/

公認心理師の潮英子先生(写真右)

早稲田大学を卒業されたあと、大手商社で勤務されたり、航空勤務されたり、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科発達社会科学専攻で夫婦問題について研究されたり…といろいろな経歴を持っていらっしゃいます!

現在は、相談活動(セクシュアリティ、夫婦関係、女性のキャリアなどについて)を行いながら、カウンセラー研修や講演会、メディアを通してセクシュアリティについて発信されています。

心理カウンセリングパートについては、言語化するのがむずかしいテーマや内容も含まれていますが、具体的なエピソードを混じえた説明はわかりやすく、自分や自分のまわりの人の身近な問題としても考えることができました

ラブライフアドバイザーのOliviA先生(写真左)

2007年から性に関する総合アドバイザーとして活動されています。

「女性のマスターベーション」をテーマに卒業論文を執筆されていて、性に関するフィールドワークなども学生時代から行われています。

テレビ・ラジオ、書籍出版、講演、講座などを通して、幅広く「女性が主体的に楽しむセックス」「性生活の質の向上」について発信されていらっしゃいます。

広い視野を持って”性と向き合う姿勢は、見習わなければいけないとつくづく感じさせられます。

とぅるもち

OliviA先生が築いてきたこれまでの発信(女性誌の影響は特に大きかったです)に、わたしは勇気づけられて今の発信活動につながっていると思っています。

講座の内容

今回私が受講したのは「ラブライフカウンセラー®︎養成講座-ZOOM-」ラブライフカウンセラー®︎養成講座(1Dayスクーリング)」です。約1ヶ月、ZOOMにて座学を行ったあと、対面形式でも座学・演習を行いました。

他にもいくつかの講座を主催されており、指定された講座を経ることで、ラブライフカウンセラー®︎として公式に認定されます!

申込みから認定ラブライフカウンセラー®になるまで

STEP1 :「ラブライフカウンセリング入門講座ZOOM」を修了する
STEP2 :「ラブライフカウンセラー®養成講座ZOOM」を修了する
STEP3 :「ラブライフカウンセラー®養成講座1Dayスクーリング」を受講する
STEP4 :「ラブライフカウンセラー®認定講座ZOOM」を修了する
STEP5 :モニターカウンセリングを行う(有資格者・実務経験者は免除する場合もあります)
STEP6 :モニターレポートを10ケース提出してラブライフカウンセラー®認定を受ける
STEP7 :認定ラブライフカウンセラー®として活動する


引用:https://olivia-catmint.com/lectures/love-life-counselor2021/
とぅるもち

自宅でも講座を受けられるのは、とってもありがたいです✨

課題図書

事前に指定された書籍を読むことで、より講座の理解が深まります。

日本性科学会が出している本です。最新のセックスセラピーについて知ることができます。
実際に現場で診察・治療をしている専門家の方々が、性機能不全(性機能障害)に対する治療やカウンセリングについて、解説してくれています。
「ライフステージ(乳幼児〜老年期)ごとに年代問わずサポートできるようなセックスセラピーをやっていきたいぞ!」という方にもぜひ。

とぅるもち

乳幼児期・児童期のセックスカウンセリングというとピンとこないですが、マスターベーション や性的被害、性的虐待などについてカウンセラーがどう関わっていくのか、という話がされています。

専門的な本なので、気軽には読めないのですが正しい知識を身に付けるにはとてもいい本でした。

月経のしくみ・婦人系疾患や性感染症について正しく学ぶならこの本!症例が写真で見れます。
セックスカウンセラーは治療行為は行えませんが、病気について最低限知っていることで、場合によっては相談者に病院へ行ってもらうよういち早く促すことができます。

3組のカップルや家族に対するカウンセリングの様子を漫画にしています。とっても読みやすいです。
1回のカウンセリングだけでは、問題というのはなかなか前進しないのですが、出産を控えているカップルのカウンセリングについては回を追うごとに焦りが伝わってきてリアルでした。
カウンセラーが自分の発言について迷ったり、反省している様子には、なんだか勇気をもらえます。

カウンセリングって一体何なんだろう…を解説している本です。
私はカウンセリングについて学んだことがほぼ皆無だったのですが、専門的な用語についても丁寧に解説されているし、なんだか優しい空気感(?)もあって読みやすいなあと思いました。

とぅるもち

著者の平木典子さんといえば、アサーション・トレーニングの本が有名でしょうか!(メンタリストDaiGoさんがよく紹介されている気がする)

心理カウンセリング編

カリキュラムは以下のとおりです!

カリキュラム

・行動療法・認知行動療法
・認知行動療法の実践
・カップルカウンセリングの基礎
・カップルカウンセリングの特徴
・カップルカウンセリングのロールプレイング演習
・解決志向アプローチ
・カップル間のコミュニケーション
・母子関係
・パートナーからの相談
・パートナーからの相談のロールプレイング演習
・不妊カウンセリング
・不妊相談のロールプレイング演習
・GID 性同一性障害(性別違和)
・性嗜好と性的倒錯と性犯罪
・セクシュアル・ハラスメント
・ドメスティック・バイオレンス
・離婚カウンセリング
・未経験者からの相談
・転移と逆転移
・面接記録の記入方法
・ラブライフカウンセラー®倫理規定

基本的に、何項目かごとにロールプレイング演習を行います!
内容はかなりボリューミーかつ、内容も入門講座より難しくなるので復習が必須です。

ですが、事例などを交えつつ説明していただけたり、ロールプレイング演習でも講座に習ったことのどの部分をどれくらい活かせていたかなどアドバイスもいただけるので、今自分の理解がどこまで及んでいるのかを知ることができました。

とぅるもち

アドバイスがあると、知識的な部分の勉強の効率がグッと上がるなと思いました!

テクニック&コミュニケーション編

カリキュラム

・性研究の歴史
・性器の構造の解説練習
・性反応の解説練習
・性感染症の基礎知識
・避妊の基礎知識
・女性へのトレーニング指導練習
・女性へのテクニック指導練習
・男性へのトレーニング指導練習
・男性へのテクニック指導練習
・お悩み別体位(LOVEポジ)指導
・ラブライフカウンセラー®関連法規
・ブランディング相談
・お悩み別セクシュアル・ウェルネスアイテム紹介

最初の性研究の歴史では、フロイトやキンゼイ、マスターズ・アンド・ジョンソンなど、性研究に大きな影響を与えた人物たちの概要から、近年でどんな論争が起こってきたのか(オーガズム論争など)などについて学びます。

個人的には、性器の構造の解説練習・性反応の解説練習がとても印象に残っています。
クライエントに対して、性器の名称はどう伝えるのがいいのか(俗称って使っていいの?とか)、性感帯の場所の説明の仕方などがかなり勉強になりました!

またお悩み別体位(LOVEポジ)指導は特に特徴的で、腰痛を予防する体位挿入が痛い時の体位など様々な場面を想定した体位について擬似体験で実践的に学びます。
この講座は基本的にはZOOMでの受講でしたが、この分野については対面で、OliviA先生に指導いただきました。

中折れしやすい男性のために、挿入し続けながら体位を変えていく〜というのにチャレンジしてみましたが、体位の分野は自分が擬似体験してみないとクライエントにも指導が難しいです。

とぅるもち

最初、女性器の構造を説明するのがとても難しくて、講座で演習する前日に、パートナーに練習相手になってもらったのが懐かしいです

ラブライフカウンセラー®︎養成講座を通して

前回よりも、より実践的というのが今回の講座最大の特徴で、ロールプレイ演習でOliviA先生にクライエント役をやってもらい、私はカウンセラーとして悩みを聞いていく…そして濃いフィードバックを英子先生にいただく、というのが毎回の流れでした📝

最初は手汗がひどかったり、言葉に詰まる場面も多かったり…とひどい状態だったのですが、講座の終わりに近づくにつれ、緊張もなくなり、スムーズにお話が聴けるようになっていたと思います💬

セックスカウンセリングは、日本にはまだまだ根付いておらず、「性に関する悩みをどこに相談すればわからない…」という人たちがたくさんいる印象です。

私は今後ラブライフカウンセラー®︎の認定試験も受ける予定ですが、人の悩みに寄り添っていきたいと思う一方、セックスカウンセリングの文化をより広めるお手伝いをしていきたいと考えています。

今後作っていくセクシュアルウェルネスのブランドでは、商品開発だけでなく、カウンセラーの方々と連携できるようにもしていきたいです。

今回は「セックスカウンセリングをやっていきたい!」という人にオススメの講座でしたが、入門講座については、性に関する知識を広い視野で見て、知ることができます。
「性教育に関心があって活動していきたい」「セックス描写のある漫画を描きたい」「エロの仕事に携わっている」などなど…性に関連するお仕事や活動に携わっているすべての方に有益な講座だと思います。

とぅるもち

もし自分が会社をつくって、メンバーが集まってきたら、みんなにセックスカウンセリング入門講座を受けてもらえるような仕組みにしたいな〜とか思っています。全員が性リテラシーが高いってかなり大事なことなんですよね