【イベント】第12回世界性の健康デー東京大会レポート#WSHDTokyo2021

2021年9月5日(日)に開催された第12回世界性の健康デー東京大会を視聴しました!

テーマはsexual health in a digital world (ネット時代の性の健康)

コロナ禍で、より”インターネットと性”について議論されることが増えました。特にリスクやITリテラシーなどマイナス面で語られることが多いのではないでしょうか。

今回のイベントの第1部では「インターネットと性の健康~安全とプレジャーを両立する~」というタイトルで、染矢明日香(NPO法人ピルコン 理事長)さん高橋暁子(成蹊大学客員教授/ITジャーナリスト)さんOliviA(ラブライフアドバイザー)さん柳田正芳(性の健康イニシアティブ)さんのトークセッションが行われました。


インターネットだからこそ叶えられる性の健康など、ポジティブな側面でもお話しされているのがとっても素敵でした!

  • クローズドでプレジャーについて共有し合えるコミュニティの誕生
  • 海外では年齢の発達段階に応じてプレジャーに関しての教育の検討も行われている
  • SNSで性の発信をしている人に中高生からの悩み相談が届く
  • ポルノについて、セクシャルファンタジーを自分の脳内で楽しめる側面があるが、一方ポルノビデオなどが与える他者への行動の影響についても考える必要がある

など興味深い話題がいくつかありました。

私もSNSを通して中高生からの性の悩み相談を受けることが多くなって、OliviA先生と英子先生の元でラブライフカウンセリングを学ぼうと思った1人でした。高橋先生の「(ラブライフカウンセリング講座受講生のような)言いやすい・信頼できる方に相談したいことを相談できて受け止めてくれることが大事」+応援の一言いただけてとても嬉しかったです!

第2部ではセックスミュージアム設立準備委員会さん『あたらしいポルノ』プロジェクトさんさんの発表がありました。

『あたらしいポルノ』プロジェクト「ポルノを通したコミュニケーションを大切にしたい」

  • 性の消費を促す記号化された表現
  • 日常ではあり得ないストーリーや不明瞭な関係性
  • 性的興奮のプロセスが歪んでいる
  • 性犯罪を助長させるようなキャッチコピー

といったところに問題提起をし

  • 対等な関係性
  • 日常との格差が少ない
  • 視覚的な刺激だけに頼らず、雰囲気や空気感で性的興奮を表現する

かっこいいポルノを作りたいという想いが素敵でした。音声ポルノの制作についても語られていましたが、実際音声コンテンツを作りたい!という方が、私のまわりでも少しずつ増えている印象です。

第3部では、高安千穂さん(川崎市男女平等推進審議会 市民委員)・宮原 由紀さん(性教育サイト命育 代表)・宮崎豊久さん(インターネット・ポリシー・スペシャリスト)の対談でした。

特に面白かったのは海外事例から見る性教育×ICTです。

Roo/Plannned Parenthood of America

AIを活用した10代向けチャットbot相談。

チャットbot相談やりたいー!と思いつつ実現可能なのか?と思っていたのですが、AI活用でできるんですね…すばらしい…全米で集めた10代の性の悩みを集約しているんだそうです。

タイの性教育アプリ

大ヒットしたというこちらのゲームの主役はなんとコンドーム!
ゲームの種類は色々あるんですが、目的は一貫として「コンドームをかぶせること」です🤗

動画で見てみても可愛い…

今回のイベントを通して、AIやITを活用した性教育に関するサービスがものすごいスピードで増えていると感じました。

いろんな角度から性について語られていて、とても見応えがありました〜〜!

来年の開催も楽しみです。